視覚障害者はどうやってパソコンを操作しているのか


ここでは、我々視覚障害者が、どうやってパソコンを操作しているのか、ご紹介します。

画面を読み上げるスクリーンリーダー


視覚障害者がパソコンを使おうとすると、まず困ること。それは、「画面の文字が見えない」ということです。
そこで、画面の内容を読み上げる、スクリーンリーダーと呼ばれるソフトウェアを使用します。
スクリーンリーダーを使えば、画面の文字を見ることができない視覚障害者も、画面の内容を音声で確認できます。
また、画面の内容を点字で表示する、点字ディスプレイという装置を使って、パソコンを操作する方もいらっしゃいます。
点字ディスプレイを使う場合も、画面の文字を点字に変換する必要があります。
スクリーンリーダーは、画面の内容を音声化するだけでなく、その内容を点字に変換する機能も持っているのです。
ただし、音声か点字かに関わらず、100パーセント正しい内容が出力されるわけではありません。
日本語を点字や音声に変換しようとすると、どうしても漢字の読みを誤ってしまうことがあります。
今のところ、前後の内容に応じて、適切な読み方で読み上げることができるスクリーンリーダーはありません。
ただし、各スクリーンリーダーで、読み上げの正確さは変わってきます。
どうしても正しく読み上げできない文字列は、ユーザが辞書登録機能を用いて、読み方を変更することができます。
この機能を使えば、読み上げ・点字表示の正確さが増し、より使いやすくなります。
もう一つ、スクリーンリーダーでどうしても読むことができない物、それは画像です。
画像は、いくらスクリーンリーダーが優秀でも、内容を読み取って音声や点字に変換することはできません。
たとえば、ウェブサイト上の画像は、その画像に付けられた代替テキストの内容を読み上げます。
ウェブサイトを制作される方は、「適当な代替テキストを付ける」ということを心がけてください。

スクリーンリーダーの種類


現在入手可能な物


pc-talker

日本で、最も多くの視覚障害者が使用しているのが、株式会社高知システム開発のpc-talkerです。
盲学校などでパソコンの使い方を勉強されている(されていた)視覚障害者は、このソフトを使って学習された方が多いのでは無いかと思います。
特徴としては、このスクリーンリーダーでしか使えない、豊富なソフトウェアがあります。
たとえば、インターネットを読み上げるNetReaderや、メールソフトのMyMailなどです。
これらは、初心者でも簡単に操作でき、pc-talkerにのみ対応しています。
なお、pc-talkerは、Windowsのバージョンごとに、別のパッケージで販売されています。
Windows10用のpc-talker10、Windows8/8.1用のpc-talker8、Windows7用のpc-talker7などです。
これらは、それぞれのOS用に作られているため、パソコンを買い換えてOSが変わると、pc-talkerも買い直す必要があります。
高知システム開発のサイトへ
focustalk

skyfishが開発するスクリーンリーダーfocustalkは、pc-talkerとほぼ同じ価格で販売されています。このスクリーンリーダーは使ったことがありませんので、詳しくは公式サイトをごらんください。
jaws

こちらは、世界で最もユーザ数が多いスクリーンリーダーです。上の2つに比べ、価格が明らかに高いです。
どちらかと言えばビジネス向けで、officeの読み上げ機能が優れています。
また、そのままでは音声化できないソフトも、スクリプトを書けば使える可能性があります。
なお、日本語版は有限会社エクストラが開発しています。
公式サイトはこちらです。
nvda

ここまでのスクリーンリーダーは、とても価格が高く、買おうとするとすこし勇気がいると思います。最近、オープンソースで無料のスクリーンリーダー、nvdaが話題になっています。
最近のnvdaは、メインのスクリーンリーダーとしても十分使えると思います。
「nvdaは使い方によってはjawsに匹敵するほど高機能だ」と言われている方もいらっしゃいます。
初めてのスクリーンリーダーとしては不向きですが、すでに何らかのスクリーンリーダーをご使用の方にとっても、乗り換え先として最適だと思います。

過去に存在していたスクリーンリーダー


vdmw

これは、今から何十年も前、ms-DOSの時代に視覚障害者の間で使われてきた「vdm」というソフトをWindows用に作り直した物です。とは言っても、中身はpc-talkerです。
現在はvdmwとしては販売されていませんが、pc-talkerに「vdmwモード」が追加され、2つのソフトが統合しました。
outspoken

オランダ製のスクリーンリーダーです。20年ほど前に販売されていたそうですが、詳しくは知りません。jawsのように高機能だったということを聞いたことがあります。
95reader

これは、日本で初のスクリーンリーダーだそうです。95reader/98reader/2000reader/xpreaderとバージョンアップを経て、開発が終了してしまいました。その跡継ぎがfocustalkだと聞いたことがあります。

キーボード操作


ここまで、スクリーンリーダーのことを書きすぎてしまいましたが、音声が出ても、自分でマウスを操作するのは困難です。
そこで、すべての操作をキーボードで行います。
ですから、皆さんが普段使用するCtrl+CやCtrl+Vなどの操作はもちろん、スクリーンリーダーのガイドを頼りに、キーボードで操作をするわけです。
このサイトも、pc-talkerやnvda、JAWSの音声を頼りに、キーボードのみを使って作成しています。

スクリーンリーダーでパソコンを操作するデモ


さて、ここからは、実際にパソコンを操作している所をお聞きください。

インターネットを読んでみる


pc-talkerとインターネットエクスプローラの組み合わせ(mp3へのリンクです)
nvdaとインターネットエクスプローラの組み合わせ(mp3へのリンクです)